28/11/2014 09:45 GMT+7 Email Print Like 0

越とベラルーシ、全面的な協力を強化

現地時間の26日 午後、ベラルーシの首都ミンスクで、同国を訪問中のグエン・フー・チョン共産党書記長はルカシェンコ大統領と会談しました。

会談後の記者会見に出席したチョン書記長とルカシェンコ大統領


席上、チョン書記長は「ベトナムは常にベラルーシとの友好関係を重視し、経済・貿易を中心に、多面的な協力関係の強化を望んでいる」と強調しました。

両者は、高級指導者による相互訪問や、国家、議会、政府、政党、社会団体の協力、草の根外交を強化すること、政権運営に関する経験を交換すること、相互理解と政治信頼を高めることなどで一致しました。

また、ベラルーシ側は、「関税同盟の一員としてベトナムと関税同盟とのFTA=自由貿易協定の交渉を加速させ、早期に締結すると同時に、ベトナムの農・水産物、木工製品、繊維製品、コーヒーなどのベラルーシへの輸出に有利な条件を作り出す」と確約しました。さらに、教育・訓練、文化、スポーツ、観光、テロ・越境犯罪防止対策などの分野で協力を強化することでも合意しました。

会談でチョン書記長はベラルーシ側に対し、ベラルーシ在留ベトナム人に有利な条件を作り出し続けるよう要請するとともに、「ベトナム人投資家がベラルーシへの投資を促進することを激励する」と公約しました。

一方、ベトナム東部海域(いわゆる南シナ海)問題に関し、両首脳は最近の複雑な情勢に懸念を示すとともに、関係各国が平和的措置で国際法、中でも1982年国連海洋法条約とDOC=海上行動宣言に従って紛争を解決し、拘束力のあるCOC=海上行動規範を早期に作成するよう希望すると強調しました。

会談後の記者会見で、ルカシェンコ大統領は次のように語りました。

(テープ)
「今後、我々は投資誘致を促進するとともに、建設やインフラ整備分野で合弁企業を設立する計画です。また、ベトナムと関税同盟との自由貿易協定を締結する傍ら、両国の各レベルの訪問団の交換を維持します。グエン・フ・-チョン党書記長の招きに応え、近いうちにベトナムを訪問しようとしています。この訪問の準 備を目指し、各合意書や、大規模なプロジェクトの検討を進めます。」

一方、グエン・フー・チョン書記長は次のように述べています。

(テープ)
「我々は両国の企業や、投資家が連携を強化し、貿易振興活動を行うように有利な条件を作り出し続け、両国の商取引額と投資の引き上げを狙っています。今回の訪問と会談の結果は両国の友好と全面的な協力関係に新たな発展段階を切り開くと確信します。ベトナムの党と国家を代表して、ベトナムのかつての民族解放闘争と現在の建設防衛事業に対するベラルーシの支援に感謝申し上げます。ベラルーシとの友好、および、全面的な協力関係を発展させていくという一貫した政策を再確認します。」

同日、チョン書記長はベラルーシ在留ベトナム人コミュニティの代表と懇親しました。
:VOV
他の記事