19/07/2016 15:15 GMT+7 Email Print Like 0

貧困解消指導委員会会議

18日、ハノイで、ブオン・ディン・フエ副首相の主催のもと、持続的貧困解消指導委員会の全体会議が行われました。

席上、フエ副首相は、この5年間収めてきた同委員会の成果と持続可能な貧困解消活動の結果を高く評価した上で、同委員会に対し、「これまで引き出された経験を基に、今後5年間の活動方向を定めるよう」指示しました。

また、「土地や、税制、金融、市場などに関する優遇政策を活用し、貧困解消を経済社会発展、国防・安全保障と結び付けて実施する必要がある」との見解を表明しました。フエ副首相は次のように語りました。
(テープ)
「現在実施中の各プロジェクトを点検・結合させる必要があります。それを基礎に貧困者を支援しながらも、貧困状態から脱出するという彼らの決意を奨励しなければなりません。さらに、貧困解消事業で立派な成果を収める代表的な人々を顕彰することも重要です。

なお、持続的貧困解消指導委員会は来月末に、今年上半期の貧困解消状況を総括し、2016~2020年期における計画を立案するための会議を開催する予定です。
ソース:VOV
他の記事