10/01/2017 10:04 GMT+7 Email Print Like 0

西南部の地域、多分野で発展

8日午後、南部カントー市で西南部指導委員会は2016年の活動を総括し、2017年の任務を定める会議を行ないました。席上、同委員会委員長を務めるブオン・ディン・フエ副首相は地方行政府に対し、気候変動への対応ができるような地域開発計画を調整し、経済再構築を進めると同時に地域連携、海老、チャという魚、コメ、果物といった4つの主力の農産物の開発を強化するよう求めました。
なお、西南部指導委員会の報告によりますと、2016年、同地域の経済社会は順調に発展し、GDP=国内総生産の伸び率は6・9%に達し、国内各地の平均値を上回っています。同地域は2017年のGDPの伸び率を7・9%、輸出額を220億ドルにするという目標を掲げています。
ソース:VOV
他の記事