11/06/2014 11:18 GMT+7 Email Print Like 0

西北地帯の舞踊

10世紀に、「ソエ」という舞踊はタイ民族の祭の際に行われた。現在、「ソエ」舞踊は36の種類の踊りがあり、西北の少数民族の団結のシンボルになった。
タイ族のソエ舞踊の故郷-ムオンソー地域
西北地域のタイ民族の伝説によると、10世紀には、ムオンロー地域(現在のイエンバイ省)の村長であるラック・チュオン氏は村民たちと共に、ムオンソー地域(現在のライチャウ省フォントォー郡)へ移住した。ムオンソー地域は西方地帯のタイ族の有名なソエ舞踊の元祖である。
ソエ舞踊の形は、女男が互いに手を握り輪になって、音楽に合わせて踊る。ソエ舞踊の楽器はティン弦楽器、太鼓、ニー、銅鑼、タインラーを含む。

 







タイ族の人の観念によると、ソエ祭りを開催する前に、タイ族の人々は神と祖先に供物を供え、礼拝する。撮影:トン・ティエン
神を迎えるための少女たちのソエ舞踊。撮影:チャン・リン

ディエン・ビエン・フー勝利の前は、タイ族の人民たちが住むムオンソー地域はデオ・ヴァン・アン王により統治された。王はタイ族のソエ舞踊を愛する王であった。ムオンソー地域は数百のソエ舞踊を踊る少女のグループがあり、ソエ舞踊会はよく行われた。ソエ祭りのとき、タイ族の青年たちはナムナー川の岸で、ソエ舞踊を踊り、互いに交流した。

20世紀の前半、ソエ舞踊は「宮廷舞踊」となった。89歳のロー・ティ・フェー芸人によると、ディエン・ビエン・フー勝利の前は、ソエ踊りグループはフランスで踊った。

フェー芸人は「タイ族の神、祖先は空に住むので、ソエ祭りの行われる前に、私たちは空の神、祖先を祭りに招待するために、礼拝します。」と言った。
私たちはフェさんと会ったとき、彼女は中国の雲南省との交流ために、へ来ることを準備するように、ムオン・ソー地域のソエ踊りグループのために、古いソエ舞踊を練習した。

現在、ソエ舞踊は広く知られ、西北地帯の民族の人民たちの共同の財産になった。ソエ舞踊は団結を表わし、西北の文化祭りのシンボルになり、ライチャウ省、ディエンビエン省、ソンラー省、ホアビン省、イエンバイ省で年毎に踊られる。

ムオンソー地域のソエ祭り
ライチャウ省の文化研究家ドー・ティー・タックさんによると、ソエチエン祭りは西北地帯のタイ民族の春における最大の祭りである。タイ民族の人たちは豊作、天候、幸福を祈るために、ソエチエン祭りを開催する。ソエチエン祭りには、多くの面白いソエ舞踊が行われる。
 

タイ族の伝統的な女性の衣服はソエ舞踊に参加する女性のために、優美さを作る。
撮影:チャン・リン

ソエ舞踊は、女男が手を握って輪を作り、音楽に従って踊る簡単な踊りであった。
撮影:トン・ティエン


バン花の踊り。撮影:トン・ティエン

 
«
          タイ民族の人たちの生活は、 ソエ舞踊は結婚式のような小さいな文化イベントから大きな祭りの文化イベントを含む文化活動イベントにおいて、踊られる。 
                                        »
西北地帯においては、現在、ムオンタイン地域(ディエンビエン省、ムオンロー地域(イエンバイ省)、ムオンタン地域(ライチャウ省)、ムオンタック地域(ソンラー省)タイ族の人民たちが住む4つの地域である。

ライチャウ省のムオンタン地域の春が来るとき、観光客たちはタイ族の人たちの面白い祭りに参加するチャンスがある。

ソエチエン祭りの開始は、ティンタウ弦楽器の演奏である。銅鑼、太鼓の音は観光客を歓迎する。すべての人々は面白い音楽の音において、互いに手を握り、輪を作り踊る。

ソエ・チエン祭りに参加するときに、観光客はムオン・タン地域の女の人はソエ・ホア(Xoe Hoa)舞踊、ソエ・ヴォン(Xoe Vong)舞踊、ソエ・ノン(Xoe Non)舞踊、ソエ・クアット(Xoe Quat)舞踊、ソエ・クアン(Xoe Khan)舞踊などの36類のソエ踊りを踊るイメージを見るチャンスがある。

現在、ホアビン省のマイチャウ地域におけるタイ族の人は観光客の要求にこたえるために、ソエ踊りのグループを作った。ラック村とポムコオーン村は10組のソエ踊りグループがある。

村のソエ踊りグループのメンバーのヴィー・ティー・トゥイさんは「タイ族の人にとって、成長したとき、すべての人はソエ舞踊を踊れます。」と言った。

 









ソエ舞踊の楽器はティン弦楽器、太鼓、ニー、銅鑼、タインラーを含む。
撮影:トン・ティエン


扇のソエ踊り。撮影:チャン・リン
タイ族の人民たちはソエ舞踊のプログラムを開催するために、点火する。撮影:トン・ティエン

ソエ舞踊はマイチャウ地域(ホアビン省)、モックチャウ地域(ソンラー省)、
ムオンタイン地域(ディエンビエン省)、ムオンソー地域(ライチャウ省)、ムオンロー地域(イエンバイ省)の特別な観光名物になった。
撮影:トン・ティエン(Thong Thien)



ラック村(ホアビン省マイチャウ地域)の少女たちと外国の観光客たちはソエ踊を踊る。撮影:トン・ティエン(Thong Thien)

ソエ祭りにおいて、カン酒(壷に入った酒かす)に水をいれて竹のストローで飲む人々。
撮影:チャン・リン
 
ラック村の夜は寒い。寒い夜には、銅鑼、太鼓、ティンタウ弦楽器の音は鳴った。ヴー・ヴァン・タイン氏の家族はソエ踊りの会で、フランス、ロシア、中国からの30人の観光客を歓迎した。
その夜は、タイン氏の家で行われたソエ踊の会は数多くの観光客たちに深い感銘を与えた。

文:トン・ティエン
撮影:
チャン・リン、トン・ティエン