08/02/2017 15:01 GMT+7 Email Print Like 0

臥龍寨

「臥龍寨」というレストランは1994年から作られた三国演義の映画のアイディアから建設され、ホーチミン市の人々を集める。
 
「臥龍寨」は面積が1700㎡で、2千年前の三国時代の要塞のように建てられた。


面積が1700メートルであり、2千年前からの三国時代のの軍陣のように建設された「臥龍寨」


「臥龍寨」という名のレストラン


「臥龍寨」レストランの門

三国志演義の映画の中の臥龍寨のように建てられた監視塔


三国時代のような「臥龍寨」というレストランンの中のデザイン

三国時代のような「臥龍寨」というレストランンの中のデザイン


将軍の天幕の中のデザイン


「臥龍寨」というレストランンの中にある騎兵の戦闘の本

「臥龍寨」レストランンの空間には多くの天幕がある。将軍向けの天幕から兵士、騎兵、昇平、傷兵向けの天幕まである。ここでそのそれぞれの天幕は「臥龍寨」というレストランンの料理を賞味する空間となる。「臥龍寨」というレストランンの店員から、メニュー、装飾品などを見ると、中国の三国時代を思い出す。

夜になると、「臥龍寨」というレストランンは電灯光で作られた火の盆で輝く。食品を運ぶ物は「臥龍寨」というレストランンのコーナーで運ばれる。


筍料理のメニュー


メニューには、ベトナム風の料理が多い

三国時代の衣装を着たレストランの店員


客は鎧の試着ができる。

鎧を着てみる客


三国時代のような空間で交流する客


「臥龍寨」というレストランンの中の小さなテント


「臥龍寨」というレストランンの食品 収納庫

「臥龍寨」レストランの店内で、お客たちは鎧の試着や三国時代について話すことができる。


文:グエン・ヴー・タイン・ダット
撮影:トン・ハイ