14/12/2015 14:25 GMT+7 Email Print Like 0

緑のエコパーク

ベトナムのハノイの中心から東南へ20km離れたエコパークはベトナムの北部で最大の新市街である。緑の中の別荘と高級マンションが建ち並ぶ場所は、理想的な住居であり、観光地となっている。
総面積500haのEcoparkのプロジェクトは2009年からVIETHUNG(ヴィエットフン)都市投資-発展株式会社によって設立された。エコパークの周りは自然にあふれ、国際標準に達する。

緑に囲まれた空気のおいしいEcopark新市街。
撮影:資料



Ecoparkに建設された現代的な別荘、
撮影:タット・ソン



各別荘には池と緑がある。
撮影:タット・ソン



自然にやさしく、緑に溢れる空間で、まるでリゾートで過ごしているように感じる。
撮影:資料



自然にやさしく交通の便利さと都心へのバスの連絡も良い。
撮影:資料


エコパークの中にある公園の空間。
撮影:資料

Ecoparkはベトナム建築家協会に「2012年ベトナムグリーン建築」の賞を授与し、マレーシアのクアラルンプールにおいてアジア-太平洋不動産賞に2012年、2013年選択された。






緑と池のある面積110haのエコパークは、人々が自然の中にいる感じを感じさせる。針葉樹林の公園、梅林の公園の地区は現代的で、数百本の巨木、多くの種類の花に囲まれている。

現代的な設備を備えた針葉樹林公園、梅林の公園は高級なリゾートであり、プール、体育館、レストランなどがある。

この公園に含まれる近くにある籐の生い茂る森の別荘地区には緑の公園で、マンション、学校の周りは戻りなどに溢れる。

竹の通りを抜けると人々はアンティックな空間を感じられる。



 

 

エコパークの中にある別荘の室内。
撮影:資料



オープンな建築で設計された寝室。
撮影:資料


エコパークの中にある アスレチックジム。
撮影:タット・ソン



エコパークの中にある遊園地。
撮影:タット・ソン



エコパークの中にあるプール。撮影:タット・ソン


エコパークの中にある市場。
撮影:タット・ソン



エコパークの中にあるドアンティディエム小学校。
撮影:タット・ソン

Đến これまで、秋と春の公園では、週末にキャンピング、BBQなど行う場所となり、テト(正月)には延べ3千人がEcoparkを訪問した。
文:ガン・ハ
撮影:タット・ソンと資料