17/02/2016 09:56 GMT+7 Email Print Like 0

総選挙に関する第1回協商会議

16日、ハノイで、第14期国会選挙に関する第1回協商会議が行われ、中央の各機関と組織が推薦する候補者の構造、定員などを協議しました。

会議で、国家選挙評議会議長を務めるベトナム祖国戦線中央委員会幹部会のグェン・ティエン・ニャン議長は「今年5月22日に行われる第14期国会選挙は2016年における重要な政治的出来事である。この選挙は2015年の国会と人民評議会選挙法に基づいて実施される。これにより、祖国戦線は、この選挙が民主的、かつ、平等に実施されるように参加するという責任と権利がある」と明らかにしました。

ニャン議長は次のように語りました。

(テープ)

 「祖国戦線の最も重要な任務は法律の枠内で、基準を十分に満たす人物を候補者として推薦するということです。これは国家選挙評議会が候補者名簿を作成・公表するための重要な手順です。また、各地方の選挙委員会は各レベルの人民評議会の候補者名簿を作成・公表します。」

この会議の後、ベトナム祖国戦線中央委員会は国家選挙評議会と第13期国会常務委員会に会議の記録書を送ります。 

ソース:VOV
他の記事