16/06/2016 10:03 GMT+7 Email Print Like 0

経済の現代化と民間セクターの競争力の向上を目指す

繁栄、創造、公平、民主に向けて、ベトナムが改革と刷新を継続し、その中で、経済の現代化と民間経済セクターの競争力を連携させることは唯一の選択肢であるとしています。 15日午前、中部ダナン市で、ベトナム商工会議所とWB=世界銀行ベトナム事務所の共催により、行われた「ベトナムの渇望2035・企業の役割と体制現代化への要求」と題するシンポジウムでこの見解が明らかにされました。 シンポジウムで、企業経営者や専門家らは現代的な体制作りを目指す企業の役割について討議しました。また、ベトナムが実施すべき6つの問題が取り上げられ、その中で経済の現代化と民間経済セクターの競争力の向上との連携、民間経済セクターを中核とする刷新能力の向上、都市と近隣地域との結合、環境の持続的な発展と気候変動への対応の強化、社会公平の確保、現代的な法治国家の建設、市場経済体制の充実などの目標が掲げられています。 ソース:VOV