27/12/2015 09:12 GMT+7 Email Print Like 0

紡績縫製グループ設立20周年記念式典

26日、ハノイで、紡績縫製グループは設立20周年を記念し、「労働英雄」称号を受領する式典を行い、チュオン・タン・サン国家主席や、ブー・バン・ニン副首相らが参列しました。

 

席上、ニン副首相は、「紡績縫製グループは国のドイモイ刷新事業とともに絶え間なく発展しており、国内市場だけでなく、世界各国にも積極的に進出し、国の発展事業に多大に貢献してきた」と評価しました。ニン副首相は次のように述べています。

(テープ)

「紡績縫製グループは、全国の紡績縫製部門のけん引役を果たし、輸出額を60億ドルに倍増させ、30万人の労働者に雇用を創出するという目標の達成のために力を入れていく必要があります。今後も、輸出市場の拡大や、ベトナムが締結してきたFTA=自由貿易協定がもたらすメリットの活用、科学技術の導入、生産性の向上などのために取り組んでいくようお願いします。」

式典で、サン国家主席は同グループに「労働英雄」称号を授与しました。

ソース:VOV

他の記事