03/11/2014 14:40 GMT+7 Email Print Like 0

米の絵

真っ白の米から作られた絵はベトナムとベトナムの霊魂を表わしている。
ベトナムのホーチミン市におけるゴックリン米の絵のズオン・フウ・クオン氏は、この10年間米の絵に人気でていると述べた。近年始められた米の絵ですが、特別な特徴で多くの人々の集中を集めている。

米の絵を作る方法について、10年間、米の絵を作る経験を有するズオン・フウ・クオン氏は「米の絵を作ることは難しくないですが、素敵な米の絵を作るために、心を込めることが必要です。」と述べた。 

絵を作るための米


米を並べる前、絵を描く

米を並べる

サイズが80 x 120cmの絵を完成するために、6日から12日がかかる。

クオン氏の米の絵を作るアトリエを訪問した時、10人が、小さな米粒を慎重に並べている集中した姿が見えた。それにより素敵な米の絵が生まれる。

絵を作る米の原料はもち米でもよい。米に色を染める前に、米は焼かれる。その後、芸術家がその染められた米を接着剤で絵の上に貼り付ける。難しいことは色彩の配合である。サイズが80 x 120cmの絵を完成するために、6日から12日がかかる。

出来上がった絵は日光の下で乾燥されるする。そうすることによって絵に光沢が生まれる。普通、米の絵は10年間使えるため、米の絵の値段は低くない。 





Tranh gạo về thiên nhiên đất nước con người Việt Nam.














米の絵は天然、風景、儒教、抽象画などについて描かれる

米の絵は天然、風景、儒教、抽象画などについて描かれる。そのため、多くの外国人観光客はベトナムを訪れると、お土産に米の絵を買った。

米の絵は単純であるが、魂があるから、どこでかけても、素敵に見え、オーナーの純真な性格を表明する。
文:ソン・ギア
撮影:グエン・ルアン