22/05/2014 00:01 GMT+7 Email Print Like 0

第8回のASEAN国防相会議(ADMM)は東海において、武力を使用しないことを懇願する共同宣伝を公布

5月20日、各団長はミャンマーのネピドーで開催された第8回のASEAN国防相会議(ADMM)に出席した。同会議は2014年~2016年の活動プログラムの審議を通過し、「共同体、繁栄のための国防協力」についての共同宣伝を公布した。
同会議の共同宣伝によると、アセアン諸国の国防省大臣は第24回のアセアン首脳会議と東海行動宣伝(DOC)を実行し、海上法国連公約(UNCLOS)を遵守の確保する協力の強化を含む2015年におけるアセアン共同体建設に関するネピドー共同宣伝の結果を支持する。
同宣言よると、各方は我慢し、武力を使わなく、緊迫を悪化する活動を実行しなく、行動規範(COC)の形成に努力することを懇願する。

東海における緊迫状況に対して、第8回のASEAN国防相会議(ADMM)に出席する各団長はアセアン諸国の国防省大臣・中国国防省大臣間の不公式会談において、現在の東海における緊迫状況が平和な方法で、中国によりアセアン諸国と調印されたUNCLOSとDOCを含む国際法に基づいて、解決されることに対して、希望の意を表した。

第8回のASEAN国防相会議(ADMM)においては、アセアン諸国団長は2015年の共同体の設立に向けて、国防協力の強化に関するアセアン契約を再確認した。各団長は信頼の建設方法、連絡・ホットライン設立の方法を提案し、アセアン諸国間で武力を使用しないことを確約した。このことは地域内の平和、安定を促進する。
政治・安寧問題に対しては、ミンASEAN事務総長によると、4月タイでにおいて開催されたDOC実現に関するアセアン・中国首脳会議において、各国は東海における航海の平和、安定、安寧を促進するために、信頼、協力を引き続き促進することについて、意見が一致した。同会議は東海行動宣伝(DOC)を励行し、行動規範(COC)の形成に努力することを強調した。

レー・ルオン・ミンASEAN事務総長によると、ミャンマーで行われた第24回のアセアン首脳会議と他の関連した会議においては、アセアン諸国の指導者たちは東海における航路、空路の平和、安定、安寧、安全、自由の維持の重要な役割を確認した。この精神に基づいて、各指導者は東海における現在の緊迫状況に
心配、関心の意を表した。各指導者は行動規範(COC)の形成が必要なことを確認した。第24回のアセアン首脳会議の前、アセアン諸国の外務相は東海状況に関する宣伝を公布した。

 

第8回のASEAN国防相会議(ADMM)における各団長たちとレー・ルオン・ミン(Le Luong Minh) ASEAN事務総長。
撮影:バオ・チュン(Bao Trung)-ベトナム通信社

ネピドー共同宣伝調印式での各団長たちとレー・ルオン・ミンASEAN事務総長。
撮影:THX-ベトナム通信社

同会議でスピーチをするフン・クアン・タイン国防省大臣。
撮影:バオ・チュン-ベトナム通信社

同会議におけるフン・クアン・タイン国防省大臣と常万全国防省大臣。撮影:バオ・チュン-ベトナム通信社


フン・クアン・タイン国防省大臣、政治局委員が団長とするベトナム首脳団は同会議の成功に積極的な貢献を果たした。

東海の状況に関する同会議の関心に対しては、タイン国防省大臣は地域内の平和、安定、安全、安寧、自由を脅す状況について意見交換をした。タイン国防省大臣によると、アセアン諸国とベトナム人は中国が石油リグをベトナムの排他的経済水域と大陸棚に搬入させ、ベトナムの主権と排他的経済水域、及び大陸棚に対する権利を侵害したことを心配し関心を持つ。ベトナムは東海における航海の平和、安定、安寧、安全を維持するために、平和的な方法で、UNCLOS、DOCを含む国際法に基づいて、戦闘する。ベトナムは国内の政治安定を維持し、中国との友好関係、全面的な協力関係を維持することに努力する。ベトナムは両国が我慢し、東海問題を平和的な方法で、解決する望みで、中国と多くのレベル、方法で、連絡し、対話することに努力してきた。
ADMM-8会議のエリアにおいて、タイン国防省大臣は常万全中国国防省大臣、Ng Eng Hengシンガポール国防省大臣、Pehin Yasminブルネイエネルギー省大臣、Voltaire Gazminフィリッピン国防省大臣、Hishammuddin Husseinマレーシア国防省大臣、Wai Lwinミャンマー国防省大臣と双方会見を行った。


常万全中国国防省大臣との会見においては、タイン国防省大臣はベトナムの主権を護るために、ベトナムの警備艇、ベトナム漁業監督船、漁民の船を使用するだけ、飛行機、ミサイル艦などの戦闘フォースを使用しない。

タイン大臣は中国がベトナムの船に損害を与え、両国人民間の友好関係に影響を与えないために、我慢し、軍事力を使わず、ベトナム警備艇、ベトナム漁業監視船に対して、過激な行動をないことを要求した。タイン大臣はベトナムがベトナムの領海主権を保護するばかりでなく、平和で、安定な政治・社会環境を保護し、経済・社会を開発するために、全面的で、戦略的なパートナーシップの精神に従って、中国との友好関係を引き続き維持する。
タイン大臣は「両国は海上における協力問題を解決するために、交渉する重要な規制を有します。私はベトナムの海域が安定になるために、中国が中国が石油リグをベトナムの排他的経済水域から撤退することを提出します。」と言った。


文、写真:
ベトナム通信社・VNP
他の記事