03/03/2015 10:08 GMT+7 Email Print Like 0

第3回ベトナム文学紹介国際会議

2日午前、ハノイで、ベトナム作家協会は第3回ベトナム文学紹介国際会議を開催し、41カ国から151人の詩人、作家が参加しました。

会議ではベトナム文学は人文主義精神に溢れ、道徳教育の充実に貢献し、独立、自由、幸福への人間の渇望を表すとともに、ベトナム各民族の文化の精華を結晶するものであるとの意見が相次ぎました。中央宣伝教育委員会のブ・ゴック・ホアン委員長は次のように語りました。

(テープ)

「文学を通じて、外国の文化への理解を深めた上で、我が国の文化・文学の多様化に生かしました。経済用語では各国から文学を輸入超過していますが、輸出は主体的に行なっていません。民族文化は他の国の文化を吸収しながら完備されていると思います。」

なお、この会議は3月1日から7日にかけて行なわれる文学に関する3つの大規模なイベントの中の1つで、国際友人にベトナム文学の世界、価値、独自性をピーアールする機会となっています。
ソース:VOV
他の記事