08/01/2016 16:09 GMT+7 Email Print Like 0

第2ニョンチャック石油電力発電所

エネルギー専門家によると、第2ニョンチャック発電所(ドンナイ省‐二ョンチャック‐フオックカイン町)は、現在ベトナム国内で最も効率の高い発電所である。現在は重要な役割があり、国内電力需要の5%~6%の電気を供給している。
第2ニョンチャック発電所はベトナム石油グループに属する石油電力会社(PV Power)と第2のニョンチャック石油電力株式会社により、7億米ドルの資金で建設された。同工場は2011年10月16日から稼動され、750MWの出力があり、1年当たりの平均電力生産量は45億KWhに達し、発電所の1年当たり平均収入は7兆ドンに到達する。

現在、第2のニョンチャック発電所は多くの専門の若い技術者がいる。彼らは専門知識を高め、勤勉な人たちであり、技術者と工員たちの技能を高める優遇政策を行っている。
第2のニョンチャック発電所の社長であるホアン・スアン・コック氏は、生産と経営の経費を減らし、仕事の質、効果を高めるために、管理と情報科学技術を応用することを重視する。

第2のニョンチャック発電所は国内電力供給のために、安定した出力を確保し、東南部をはじめ、電気システムの安定化に貢献を果たす。発電所は現在、国家電力システムのために、5%~6%の電気を供給する。



第2のニョンチャック発電所が国家電気ネットワークに送電する式典
第2ニョンチャック石油電力工場。
ベトナムの最高の電気効率がある第2ニョンチャック発電所

操作室を点検するホアン・スアン・コック社長

第2ニョンチャック発電所の若い技術者たち。

操作センター

出力750MWで、年平均45億kWhの第2ニョンチャック発電所
第2ニョンチャック発電所の模様。
第2ニョンチャック発電所一部。
第2ニョンチャックの発電所一部。


第2ニョンチャック発電所の消火設備。

PV Powerのメンバー会社について評価するとき、ヴー・ヒュイ・クアン社長によると、第2ニョンチャック発電所はPV Powerの最も価値のある会社の一つである。
 
稼動から4年間、2015年10月11日には、第2ニョンチャック発電所が、国家電気ネットワークに送電した電力は200億KWhに達した。

文:グエン・ヴー・タイン・ダット
 
写真:ダン・キム・フオン