21/01/2016 18:08 GMT+7 Email Print Like 0

第12回党大会、国家会議場で開幕

21日午前、ハノイ市内のミーディン国家会議センターで、「清廉・強靭な党建設の促進、全民族と社会主義的民主性の力の発揮、ドイモイ刷新事業の全面的推進、祖国の防衛、平和的環境の維持、基本的に近代的な工業国作りに取り組む」をテーマにした第12回ベトナム共産党全国代表大会が正式に開幕しました。大会には、全国の党員450万を代表する1520名が参加しています。

開幕演説にたった党政治局員のチュオン・タン・サン国家主席は「第12回全国党大会は全民族の大きな歴史的責任を負っている。」と強調し次のように語りました。

(テープ)

「第12回党大会は重大な意義を持ち、全党、全国民、及び全軍を鼓舞しており、清廉・強靭な党建設の促進、全民族の力の活用に寄与しています。この大会は、国民が豊かで、強固な国、公平で文明的なベトナムの建設 の為に、団結、民主主義、紀綱、ドイモイの大会であり、全民族の本領と決意を示すものです。」

一方、大会で、グェン・フ・チョン共産党書記長は第12回党大会に提出される第11期党中央委員会の報告を読み上げた際「向こう5年間、ベトナムに直接影響する多くの複雑な状況があり、ベトナムにチャンスと試練をもたらす可能性がある。そこで、第12回党大会の任期中では、経済社会発展が中核な任務、党建設が主要な任務と見なされている。」と強調し、次のように語りました。

(テープ)

「チャンスを掴み、困難や試練を乗り越えるために、全党、全国民、全軍は、団結して、清廉・強靭な党建設の強化、党の指導能力と戦闘力を向上させる必要があります。同時に、ドイモイ事業を全面的に足並みを揃えて推進し、急速かつ着実な経済発展、国民の物心両面での生活向上を実現しなければなりません。独立、主権、及び領土保全を断固として保護します。平和的かつ安定した環境の維持、国際社会に主体的かつ積極的に参入し、地域と世界におけるベトナムの地位と威信を向上させるということです。」


これらの任務を実現する為に、チョン書記長は党内の団結を強調しました。そして、次のように語りました。

(テープ)

「全民族の大団結、及び党と国民との緊密な関係を強化する必要があります。党の主張や国の法律と政策を遂行するため全国民に働きかけなければなりません。差し迫った問題を適宜に解決し、国民の総力を良好に活用する必要もあります。」

ソース:VOV

他の記事