28/10/2016 15:17 GMT+7 Email Print Like 0

第7回首脳会議(ACMECS) エーヤーワディ・チャオプラヤ・メコン経済協力戦略会議とカンボジア・ラオス・ミャンマー・ベトナム4ヶ国からなる第8回首脳会議(CLMV)、活性化と豊かなるメコン地域へ

2016年10月25日、26日、メコン川の水を使用する約束、メコン地域を活性化させ、経済のセンターになる方法を模索する問題の提議はエーヤーワディ・チャオプラヤ・メコン経済協力戦略会議の第7回首脳会議(ACMECS)とカンボジア・ラオス・ミャンマー・ベトナムの4ヶ国の第8回首脳会議(CLMV)、メコン地域についての世界経済フォーラムでの目覚しい結果である。
団結を強化させる
2016年10月26日の午後、以上の会議が終了した後、ベトナムのグエン・スアン・フック首相はベトナムが同時に3の会議を開催し、多くの結果を収め、その中、メコン地域についての世界経済フォーラムはベトナムのアイディアである。

多くの関連のある各国の指導者は同会議に出席した。特に、今回、ベトナムには新たなアイディアがあった。それは世界銀行、国連、アジア発展銀行、世界経済フォーラムと地域内の各国の大きなグループを招聘したことである。

同会議で収めた結果について、ベトナムのグエン・スアン・フック首相はメコン地域を発展とその潜在力を発揮できる人材に呼びかける方法を討論した。

同会議の中で、新しいモデルのエコ成長を、人民に投げかけ社会に貢献し、気候変更に対応するなど新たな方法を提案した。同会議は主張だけでなく、ACMECS と CLMVの結合方法も出された。
エーヤーワディ・チャオプラヤ・メコン経済協力戦略会議の第7回首脳会議(ACMECS)とカンボジア・ラオス・ミャンマー・ベトナムの4ヶ国の第8回首脳会議(CLMV)の開幕式において発表するベトナムのグエン・スアン・フック首相。
撮影:ベトナム通信社



ACMECS 7 とCLMV 8の開幕式の模様。
撮影:ベトナム通信社



ACMECS 7 とCLMV 8の開幕式に出席するベトナムのグエン・スアン・フック首相と各国の代表団の団長。
撮影:ベトナム通信社


ACMECS 7 とCLMV 8の開幕式に出席する各国の代表者
撮影:ベトナム通信社


 
CLMV 8において、各国の指導者は4ヶ国の経済と市場の結合する方法を実施することに同意し、スムーズな市場経済地域を構築させる。その中、北-南経済ルート(NSEC)、東-西経済ルート(EWEC)に属する路線を改修し、ラオスのビエンチャンとハノイを結ぶ高速道路を建設する。

ACMECS 7において、各国の指導者はメコン地域を活気ある経済のセンターにする目標でハノイ宣言を提案した。その中、交通、貿易と投資、工業発展、観光と農業、環境などの分野を中心とする。
メコン川の水を効果的に使用


ACMECS 7で各国の代表団の団長と記念撮影をするベトナムのグエン・スアン・フック首相。
撮影:ベトナム通信社


A
ACMECS 7の司会をするグエン・スアン・フック首相。
撮影:ベトナム通信社



ACMECS 7の様子。
撮影:ベトナム通信社



CLMV 8において各団の代表と記念撮影をするグエン・スアン・フック首相と。
撮影:ベトナム通信社


CLMV 8の司会をする
グエン・スアン・フック首相。
撮影:ベトナム通信社

CLMV 8の様子。
撮影:ベトナム通信社

 

メコン地域の各国の発展と安定に関する問題の一つは今のメコン川の水量を保持し利用する問題である。この問題はACMECS と CLMVだけでなく、メコン-日本、メコン-韓国、メコン-アメリカ、メコン-中国などでもこの問題についてフォーラムディスカッションが行なわれた。

メコン河委員会(MRC)は、メコン河に隣接したタイ、ラオス、カンボジア、ベトナムの4ヶ国が加盟している水資源に関する国際機関である。メコン河の開発と利用、管理と環境保全、観光分野を加盟国間で調整する為に設立されました。

 
メコン地域についての世界経済フォーラムにおいて記念写真を撮影する
ベトナムのグエン・スアン・フック首相と各国の代表団の団長。
撮影:ベトナム通信社


メコン地域についての世界経済フォーラムの開幕式。
撮影:ベトナム通信社



メコン地域についての世界経済フォーラムの開幕式で発表するグエン・スアン・フック首相
撮影:ベトナム通信社


メコン地域についての世界経済フォーラムの対話で発表するグエン・スアン・フック首相

撮影:ベトナム通信社



メコン地域についての世界経済フォーラムに出席する代表団。
撮影:ベトナム通信社
 

そのため、ACMECS 7 và CLMV 8でベトナム代表団のヴー・クアン・ミン団長は今回、メコン川の水を保護し、効果的で、平等で使用することは重要な内容であり、CLMV 8の共同宣言とACMECS 7のハノイ宣言で表明された。

その宣言は水の協力に関する部分がある。各国はメコン川の資源を使用することで協力すべき、維持的な発展に達する努力、その中、効果的で、節約で、平等に水を使用することを約束する。



CLMV と ACMECSはメコン川地域の中の各国の協力の制度であり、ASEANの中の地区の発展の格差を縮め、競争の能力を向上させ、成長を促進し、ASEAN共同体を設立することに援助する。

CLMVは6の分野に集中する。1:貿易と投資、2:人材養成、3:農業、4:工業、5:交通、6:観光。その中、ベトナムは貿易-投資の分野と人材養成の分野を調整する。

ACMECSは8の分野がある。1:貿易と投資の協力、2:医療の協力、3:農業の協力、4:人材養成の野協力、5:工業-エネルギーの協力、6:交通の協力、7:観光の協力、8:環境の協力である。その中、ベトナムは人材養成の野協力の分野と工業-エネルギーの協力の分野を、カンボジアと共に環境の協力の分野を調整しする。

ベトナム通信社/ベトナムフォトジャーナル
他の記事