19/05/2016 10:49 GMT+7 Email Print Like 0

立体的な金魚

ベトナムホーチミン市7区に住むファム・ゴック・ドゥオン画家は深堀隆介さんの金魚アートを使用し、3D方法で金魚を描いた、描かれた金魚の絵は、多くの人の関心を集めた。
ファム・ゴック・ドゥオン画家によると、器の中にアクリル樹脂を流し込み、その上に直接金魚のパーツを描くという。一度流し込んだ樹脂が乾くまで2日ほどかかる、それを何層も重ね筆入れを繰り返していくのは気が遠くなるような作業である。

立体的な金魚を描くために、一週間かかるため、画家は慎重に描かなければならない。そのため、慎重と根気強さ、想像力などが必要である。


金魚を描いているファム・ゴック・ドゥオン画家


金魚を描くための器


絵に使用されるアクリル樹脂


立体的な金魚


立体的な金魚を描くためには、一週間かかる


立体的な海老を描いているファム・ゴック・ドゥオン画家

油絵を描く画家としてファム・ゴック・ドゥオン画家はこの間、立体的な金魚を描くことを研究した。日本の技法の他、ファム・ゴック・ドゥオン画家は自分の方法も考えた。

立体的な金魚アートは多くの人々に興味が持たれ、風水の絵とみなされている。立体的な金魚はどこから見ても、金魚が泳いでいるように見え、人々を驚かせた。


ファム・ゴック・ドゥオン画家の作品をご紹介しよう:

















 
文:ソン・ギア
撮影:グエン・ルアン