28/06/2016 10:39 GMT+7 Email Print Like 0

祖国戦線中央委、集中的に刷新

27日午前、中部ダナン市で、第8期ベトナム祖国戦線中央委員会幹部会の第9回会議が行われました。

席上、参加者らは、今年上半期、同委員会は各レベルの祖国戦線の民族作業に関する活動の内容と方式を集中的に刷新し、「全国民が団結して、新農村、文明的都市作りに励もう」という運動を推進してきた。」と評価しました。また、同期間に、ベトナム祖国戦線中央委員会は、貧困世帯を対象に数千軒のチャリティハウスを新築、あるいは修理した他、生産活動を支援し、社会福祉施設の建設を行ってきました。


今後の方向について、ベトナム祖国戦線中央委員会幹部会のグェン・テェン・ニャン議長は次のように明らかにしました。
(テープ)
「政府は、2011~2020年期の国家行政改革に関する決議を出しました。これに基づき、2020年までに、国家行政機関に対する国民の満足度は8割を超えるという目標が掲げられています。そこで、ベトナム祖国戦線の新たな任務は、民主主義を活かすことと社会問題の監視・批評という職能を実現するということです。」
ソース:VOV
他の記事