02/04/2017 13:53 GMT+7 Email Print Like 0

社会的弱者へ心を向けるコアット・ティ・ハイ・オアイン医師

それぞれの人は社会に貢献する様々な方法を選択するが、コアット・ティ・ハイ・オアイン医者は社会で差別された人々に心を向けた。この10年間、コアット・ティ・ハイ・オアイン医者が監督する共同発展イニシアチブ援助センターは全国の40省、市で全住民の健康プログラムを実施し、ベトナムの社会的な弱者を援助する
共同発展イニシアチブ援助センターで、ベトナムの殆んどの住民の公衆衛生と健康に対する関心のまだ少ない時、オアイン医者がその分野で活動することを決めたことについて「医者はそれぞれの患者に治療をします。良い共同医療のプログラムと良い政策は多くの人を救助し、その生活を改善させます。そのため、私は病院を離れ、ラオスとの国境地域に住んでいる少数民族の人々を対象に、アメリカの非政府組織の健康のプログラムに参加しました。」と述べた。
 

共同発展イニシアチブ援助センターにおけるオアイン医師。
撮影:資料


2016年、ハノイで行われた性的虐待、健康と社会についての第3回国家会議におけるオアイン医師(赤い服)
撮影:グエン・ヴィエット・クオン

ベトナムのHIV/AIDSの事情と関連の問題についてのVCSPA会議で発表するオアイン医師
撮影:資料



AIDSとマラリアを防ぐことについてのフォーラムに出席するオアイン医師(右側の人物)
撮影:資料


AIDSとマラリアを防ぐことについてのフォーラムで経験を分かち合った。
撮影:資料



2016年ジュネーブで行われた全住民の健康についての会議に出席したオアイン医師。


オアイン医師とその同僚。
撮影:グエン・ヴィエット・クオン



性、健康と社会についての第3回国家会議に出席する若者と会談するオアイン医師
撮影:グエン・ヴィエット・クオン

2001年、オアイン医師と協力者のグループとAIDS感染予防国家プログラムを委任された。同プログラムを通じて、オアイン医師はHIVを感染者、麻薬常習者と娼婦に接する機会があった。


オアイン医師はHIVの感染者に恐怖と差別を超えることを援助し、抗レトロウイルス薬(ARV)で治療する方法を伝えるために共同のネットワークを作り出した。オアイン医師はベトナム政府の麻薬問題を解決する顧問を任された。その貢献により、世界経済フォーラムにオアイン医師は「2009年全世界の若者の指導者」であるとみなされた。

2010年、オアイン医師は共同発展イニシアチブ援助センターを設立した。その活動は社会で不幸な人々に権利を与え、普通の人々と同様に生活できる

共同発展イニシアチブ援助センターも麻薬常習者、同性愛者、トランスジェンダー、その子どもたち、孤児などを援助するため、その各ネットワークを財政、技術などを使って援助した。



ハノイで開催された将来の保護プログラムの実施にあたり事情を理解するオアイン医師とフランスの専門家の団。
撮影:資料



VCSPAのメンバーの結婚式を行うオアイン医師(左側の人物)
撮影:資料


記念撮影をするオアイン医師とその同僚と子どもたち。
撮影: SCDIの資料


ニンビンで開かれたAIDSの感染予防社会住民フォーラムにおけるオアイン医師。

2007年、AIDSの感染予防社会住民フォーラム(VCSPA)を設立した。麻薬中毒者、娼婦、同性愛者、トランスジェンダー、などのベトナムの全国の400の組織が同フォーラムに出席した。毎年一回、同フォーラムはすべての人々を歓迎するハウスになり、誰でも自分を取り戻す機会のできる場所である。

共同発展イニシアチブ援助センターと共に、オアイン医師は数千人の社会的弱者の生活を改善させた。オアイン医師のおかげで、その者たちは自身を持ち、自分なりに社会に貢献している。
文:タオ・ヴィー
撮影:グエン・ヴィエット・クオン

他の記事