27/03/2015 10:54 GMT+7 Email Print Like 0

発展への参入目的で株式化

国営企業を株式化することは国営企業の活動を向上させ結果を得るため、ベトナムの政府の主張である。これもベトナムの経済が世界の経済に参入する時、ベトナムの国営企業のアウトプレースメントについても重要なことである。
1992年から国営企業の株式化をはじめた。それから20年間後、国営企業は減少し、企業資金を増やし、安定的な発展に貢献した。

国営企業の株式化を実施する時、労働者を解雇する企業はなかった。株式化された後の企業の労働者の収入は増えた。労働者は 株式会社の株を持ち、毎年、配当をもらいます。株式化されたほとんどの国営企業の平均収入は、2倍近く増えた。

2014年と2015年、ベトナムでは、432の企業が株式化された。2014年11月まで、348の企業は指導委員会を設立した。

株式化された2社の企業の成功についてご紹介しよう。

「台風」を乗り越えたソンカム会社

ベトナムの造船業の不況の時に発生した「Vinashin」の件のその後、ソンカム造船株式会社は2008年から株式を活用し、50年間以上の実績の力を発揮している。

ソンカム造船株式会社が作った小さな船は世界の造船の分野で先端のグループであるオランダのDamenグループに品質の面で承認された。

2002年3月、Damenグループはソンカム造船株式会社と海上遭難救助船の契約を調印した。それはソンカム造船の成功の証である。

数十年間、ソンカム造船株式会社はDamenグループからの注文を受け、オランダ、イギリス、ドイツ、オーストラリア、メキシコ、ロシアへ船を輸出している。ソンカム造船株式会社の総収入は2010年の8145億ドンから2011年の1兆ドンになった。
 

ソンカム造船株式会社はSAR27船舶、SAR41船舶、5000CV船舶、7000CV船舶などの船を造船する技術がある。
撮影:ホアン・ハー

 

ソンカム造船株式会社の技術者達は若くて、熱心で、技術力が高い。
撮影:ホアン・ハー



船を造るソンカム造船株式会社の工員たち。
撮影:ホアン・ハー



外国の専門家たちと意見交換をするソンカム造船株式会社の若い技術者たち。
撮影:ホアン・ハー



作業するソンカム造船株式会社の工員たち。
撮影:ホアン・ハー



ソンカム造船株式会社の造船所に、投資されるインフラは、現代的である。
撮影:ホアン・ハー



ソンカム造船株式会社の製品はシンガポール、イギリス、スイス、オランダ、韓国、ロシアなどの各国に輸出される。
撮影:ホアン・ハー
 
それで、750人の幹部、工員たちの所得は安定し、生活は改善された。ソンカム社は、ベンキエン(Ben Kien)造船会社からの500人の幹部、工員たちを迎えた。この合弁によって、設備経費の削減となり、同時に、倒産するおそれがある1つの造船会社を保持する。

株式化のときから今まで、ソンカム会社は国際協力を拡大するために、造船技能を高めることへ3度投資した。2014年、ソンカム会社100%の製品は輸出された。ソンカム会社の造船に関するパートナーはシンガポール、イギリス、スイス、オランダ、韓国、ロシアなどの各国を含む。ソン・カム会社はSAR27船舶、SAR41船舶、5000CV船舶、7000CV船舶で、有名である。

PLC-トレードマーク

発展を続けた20年間、Petrolimex石油会社(PLC)は潤滑油生産・経営分野において、重要な位置を有するばかりでなく、Petrolimexグループの経営に大きな貢献を果たし、ベトナムのPetrolimex潤滑油のトレードマークを開発してきた。

PLCは2003年末に、株式化したPetrolimexグループの中の1社である。
2005年まで、PLCはPetrolimexアスファルト 会社とPetrolimex化成品会社を設立させた。

ホーチミン市、ニャーべー(Nha Be)郡、ニャーべーガス石油貯蔵所。
撮影:ホアン・ハー



ホーチミン市におけるニャーべー潤滑油工場建設進度を検査する技術者たち。
撮影:ホアン・ハー



ニャーベー製油貯蔵所から港へ潤滑油を送るパイプライン。
撮影:ホアン・ハ



ホーチミン市のニャーベーPetrolimexのオイルの生産ライン。
撮影:ホアン・ハー



潤滑油の調合をする操作室。
撮影:ホアン・ハー


 
カールフィッシャー滴定法による検査工程で使われるスイス製のMetrohm
トゥオンリー潤滑油生産工場。

撮影:ホアン・ハー


トゥオンリー工場(ハイホン)の潤滑油の生産ライン。
撮影:ホアン・ハー


生産されたボトルのキャップの検査をしている工員。
撮影:ホアン・ハー


湖上で生産された潤滑油の倉庫。
撮影:ホアン・ハー


貯蔵庫に積まれた生産された潤滑油撮影:
ホアン・ハー




ハイホンで出荷される油製品。
撮影:ホアン・ハー

長年、潤滑油のトレードマークを建設してきた後、2010年、PLCはPetrolimexグループにより、Petrolimexのトレードマークを使用することを許可された。よい経営戦略で、PLC社の潤滑油製品は、多くの分野に、使用される。

輸出製品はPLC会社の生産高の13%~18%を占める。PLC会社の潤滑油製品は香港、台湾、中国、ラオス、カンボジア、マカオに輸出される。PLC社は新たな市場に製品を輸出することを検討している。そのほかに、PLC社はHonda、 Yamaha、 Suzuki、 Kubotaなどに、潤滑油の製品を供給するために、 Lexus JX Nippon Oilグループと協力する契約に調印した。

現在、Petrolimexの潤滑油は、市場に広いシェアを占めるPLC会社は世界経済に自信を持って加入でき、株式化をすることで、大きな成功を上げた。
 
文:ゴック・キ
撮影:ホアン・クアン・ハ