22/04/2016 11:46 GMT+7 Email Print Like 0

猪の農園としての経営効果

ミミズ、山菜などの自然の餌、ベトナムの伝統的な薬葉などを使い猪を治療することで、ベトナムNTC科学技術発展株式会社は、全国の猪の農園を援助し、経済的効果をもたらす。
2016年のテト近くに、私たちはベトナムのホアビン省キーソンのザンハ集落におけるNTC猪の農園を訪問した。当時、ベトナムNTC科学技術発展株式会社の数百頭の猪がクアン・ビン省における小さな農牧地へ運ばれた。

ベトナムNTC科学技術発展株式会社のホアン・ミン・タン社長は、8年間活動し、現在約12,000匹が飼育されている。

飼育当初の2008年8月、タイから輸入された100匹の猪は7ヶ月後、死んだ。投資金百億ドン(約500万円)がなくなた。

その失敗の後、ベトナムNTC科学技術発展株式会社は3ヶ月間一時活動を中止した。猪が死んだ原因は、気候に慣れなく、消化不良によるものであった。


ベトナムで最大規模の猪農場があるNTC科学技術発展株式会社


猪の餌の山菜を栽培する畑


ミミズ、森の山菜などの自然の餌


猪は小屋の土の上で直接餌を食べる。


猪の飼育に援助を受ける農家。


猪の健康を検査しているホイ氏

猪の子

ベトナムの猪


クアンビン省における農園へ運ばれる猪

質の良い猪肉の需要に応えるため、ハノイのタックタット県イエンビン村とホアビン省キーソン県ザンハ村における農園の他、NTC 社は農民たちと協力し、民家での猪の飼育もしている。NTC 社は、農民たちに飼育方法を教える。

ホイ氏は猪の餌が草、長芋、特に猪の抵抗力を向上させるためには、ベトナムの伝統的な薬葉であると述べた。有機栽培で猪を飼育することは費用の3分の1が削減できる。そのため、今まで。NTCと協力している700の農園は、全国に猪肉を供給するため、飼育している。
文:クイン・アイン
撮影:コン・ダット