01/09/2015 10:08 GMT+7 Email Print Like 0

特赦はベトナムの寛容政策の表れである

8月31日午前、ハノイ市内のタインスアン刑務所で、特別恩赦に関する国家主席の取り決めを公表する式典が行われました。これに基づき、8月革命と9月2日の独立70周年記念日にあたり、タインスアン刑務所は受刑中の299人が刑期満了前に釈放される事になります。それらの受刑者の中に12人が外国国籍を持っています。

式典で発言に立ったグェン・スアン・フック副首相は「受刑者を刑期満了前に釈放させることは過去に犯罪を犯した人々の社会への早期復帰を助ける為のベトナムの寛容政策の表れである」と強調し次のように語りました。

「各地方の党委員会、行政当局、公安に対し、特赦を受けた人々を見極め、支援するよう要請します。特に、各地方は、特赦を受けた人々の社会復帰と仕事斡旋などを良好に実現する必要があります。釈放されたそれぞれの個人とその家庭は現地で、普通の生活を送れるように真面目に労働をしなければなりません。」

ソース:VOV

他の記事