22/02/2016 12:02 GMT+7 Email Print Like 0

爪切りニッパNghia(ギア)株式会社の不断の発展

歩道でペンチなどの工具を研いていた職人グエン・ミン・トゥアン(57歳)は今、爪切りニッパのブランドギアを発展させている。この企業は、ベトナムで爪の手入れ・美化器具を作りと販売を営む一流の企業であり、、世界市場に伸びつつある。
ホーチミン市のクチ地区の工場でグエン・ミン・トゥアン取締役会長に初めて会った印象は大変温和な人、英明な両眼、特に、人付き合いが上手でした。今の会社の成功が、彼の努力の成果である。
ドンタップ県からサイゴン市までの間で生計を立てたために、グエン・ミン・トゥアン氏はいろいろな仕事をしたが、収入は不安定でした。それから、姉さんのネイル店で働いた。職人が爪切りを研ぐために、長時間待った。爪切りを研ぐ仕事の職人がまだ少なく、トゥアン氏は職人の指導でペンチの作り方法と研ぎ方法を学んだ。技術上がりその後、彼は外れて、個人的で経営を始めた。
その時、職人が爪切りペンチを研いだばかりで短い間に切れなかったことについての文句を言うに気づく。そしてトゥアン氏は自分で鋭利、丈夫なペンチを調べ、作っている。1992年、Гギアサイゴン˩という爪器具の生産企業が成立されている。主な労働者が家族のメンバーである。2000年、爪切りペンチ・ギア有限責任会社はISO 9001:2008.基準に基づいて正式に成立され、活動している。

 

爪切りニッパのギア株式会社のグエン・ミン・トゥアン取締役会長(帽子の人)。撮影:ベトナムフォトジャーナル資料


ギア社の爪切りニッパはいつも外内国の展示会に出品されている。撮影:ベトナムフォトジャーナル資料



爪切りニッパの生産工場。撮影:ダン・キム・フオン
 ギア社の労働者は約2000人である。毎年、数百万個のペンチを生産している。
撮影:ダン・キム・フオン

 
爪切ニッパの組み立て部。撮影:ダン・キム・フオン

ある幹部は生産過程を検査している。撮影:ダン・キム・フオン

研磨工程。撮影:ダン・キム・フオン
出荷前に、品質の確認。撮影:ダン・キム・フオン

ギアの商品はさまざまな種類があり、各種類によって価格が違う、利用者の要求にこたえるためである。例えば、ネイル店では、薄皮切りニッパ、爪切りニッパ、爪切り、やすり、家庭用では髪切りはさみ、アイブラウ切りはさみ、鼻毛切り、毛抜きである。ギア社は商品の質は価格と勘定する。そして、トゥアン社長は:ギアの各商品は、お客様の要求に応えられると期待している。と言う。
その目的から、ギア社の製品は益々利用者の信頼を付け、国際市場にも進出している。アメリカの市場にベトナム人が多い、それにネイル店も増えていると言われている。ギア社の爪切りニッパは、越僑の人に馴染みがあり、国際的にブランドを宣伝する目標を目指している。アメリカ市場でもギア社の製品は人気がある。良質で丈夫、ドイツ、アメリカの商品より価格が3分の1である。2001年から2006年まで、アメリカで、ギア社は支店を設立し、スーパーギアという商品名を取得登録している。
今まで、ギア社は、3軒の工場があり、総面積が2万㎡以上、労働者は2000人ぐらいである。毎年、数百万のニッパを生産している。20年以上爪切りニッパだけのギア社は一段と発展し、ベトナムのトップ企業100の有名なブランド企業63社の一つで、国際ブランドに認められている。ギアの爪切りニッパはアメリカ、カナダ、フランス、イタリア、日本に輸出されている。

 


ギア社のはさみ。撮影:ダン・キム・フオン

毛抜き。撮影:ダン・キム・フオン

ギア社の商品はさまざまな種類があり、各種類によって価格が違う、利用者の要求に応えるためである。
撮影:ダン・キム・フオン



ギア社のニッパは国際ブランドに認められている。商品はアメリカ、カナダ、フランス、イタリア、日本に出荷される。撮影:
ダン・キム・フオン

文:グエン・オアン
撮影:ダン・キム・フオン、ベトナムフォトジャーナルの資料