20/05/2016 10:49 GMT+7 Email Print Like 0

海外でのホーチミン主席生誕記念活動

この数日、多くの国で、ホーチミン主席の生誕126周年を記念する様々な活動が活発に行われています。

19日、ラオスの首都ビエンチャンで、ラオスの作詞作曲家ドゥアンミサイ・リカヤの交響曲「ホーチミン、世界を照らす太陽」をベトナム側に寄贈する式典が行われました。ドゥアンミサイ氏は「この作品はベトナムの偉大な指導者でありながらラオスの友人でもあるホーチミン主席に対する敬愛を現すものである」と語りました。

一方、18日、メキシコの在ベトナム大使館は、メキシコシティにあるホーチミン像で花輪を捧げる式典を行いました。席上、レー・リン・ラン大使はメキシコ在留ベトナム人を代表して、「今後も、“ホーチミン主席の道徳を見習おう”運動に積極的に参加する」と確約しました。
ソース:VOV
他の記事