30/12/2014 09:31 GMT+7 Email Print Like 0

汚職防止対策中央指導委員会の活動を総括する会議

29日、ハノイで、汚職防止対策中央指導委員会委員長を務めているベトナム共産党のグェンフーチョン書記長は2014年の同委員会の活動を総括し、2015年の任務を定める会議を主宰した。
会議で、チョン書記長は「2014年、汚職防止対策は前向きな成果を収めた。しかし、汚職防止対策は今後も多くの試練と困難に直面するので、法律や体制の整備など弱点が多い分野に関心を寄せる必要がある。また、チョン書記長は汚職防止対策に寄与するため、資産公開の効果向上に努力するよう提案した。
ソース:VOV
他の記事