08/06/2017 12:20 GMT+7 Email Print Like 0

日越両首相による共同記者会見

安倍首相は、「フック首相を、ベトナム首相として2度目の日本訪問を行った親友として大歓迎する」と語りました。
既にお伝えしましたように、6日午後、東京で、日本を訪問中のグエン・スアン・フック首相と安倍晋三首相は会談を行いました。会談後、両首相は記者会見を行い会談の結果などを紹介しました。

これによりますと、両氏は共同宣言を発表し、両国関係の今後の発展方向と強化策などを定めました。フック首相は次のように語りました。


「双方は政治的信頼を強化していくことで一致しました。ベトナムは、日本を長期的かつ最重要相手国の1つとして見なしています。双方は、各レベルの訪問団交換を維持することや、2018年に国交樹立45周年記念活動を行うために協力することなどで一致しました。また、経済関係の強化や、日本からの投資振興などについても話し合いました。安倍首相は、人材育成や、インフラ整備、気候変動対応などを含めベトナムの経済社会発展事業を支援していくと確認しました。」

一方、安倍首相は、「フック首相を、ベトナム首相として2度目の日本訪問を行った親友として大歓迎する」と語りました。また、「国防・安全保障分野でのベトナムとの協力を重視している」とし、次のように語りました。

(テープ 日本語)

安倍首相によりますと、日本はベトナム東部海域問題に関し、国際法の尊重、当事者間の対話の重要性などに関するベトナムの立場を分かち合っている」としています。
ソース:VOV
他の記事