22/11/2014 10:04 GMT+7 Email Print Like 0

日本衆議院が解散、来月14日投開票へ

日本 衆議院は21日午後の本会議で解散された。この後の臨時閣議で「12月2日公示、12月14日投開票」の選挙日程が決定した。解散を受けて安倍晋三首相が夕方に記者会見します。アベノミクスの信認を問う選挙戦が事実上スタートした。衆院選は2012年12月以来、2年ぶりとなる。

菅義偉官房長官は21日の会見で「解散されたら、そこはしっかりと、国民もなるほどなと思うようなかたちになると思います。」と述べ、解散直後の安倍首相の会見や選挙戦を通じて、国民の理解は深まるとの見方を示した。

政府はデフレ脱却へ向け「この道しかない」としてアベノミクスの継続を問う選挙と位置づけるが、エネルギー政策や原発問題、安全保障といった争点も問われることになる。
ソース:VOV

他の記事