18/01/2017 10:26 GMT+7 Email Print Like 0

日本企業、ベトナム経済発展に貢献したい

17日午前、ベトナムを公式訪問中の日本内閣総理大臣の安倍首相とグエン・スアン・フック首相はベトナム・日本企業フォーラムを共催しました。

席上、フック首相は「ベトナムは開放的な経済政策をとっており、広範な参入を進め、法整備や投資経営環境の改善に力を入れ、外国企業に有利な条件を作り出していると明らかにしました。また、2017年、投資環境の面においてASEAN諸国の中で上位に入るという目標を設定した。日本は対ベトナム投資国の中でトップに立つよう希望すると強調しました。さらに、日本企業はグリーン成長、金融・銀行、高品質のインフラ整備、製造業などに投資を強化し、国営企業の株式化に参加し、スタートアップ運動を支援するよう希望を表明しました。
一方、安倍首相はフック首相に対し、ハイテク分野で強みがあり、生産経営に関する経験を富んだ日本企業の意見や提案に耳を傾けるよう要請しました。また、日本企業はハイテクの移転や人材育成を通じて、ベトナムの経済発展に貢献したいと強調しました。
ソース:VOV
他の記事