03/11/2014 10:53 GMT+7 Email Print Like 0

日本の桜、ディエンビェン省に移植

1日午前、北部山岳地帯ディエンビエン省ディエンビエン市にあるムオンフアン戦勝塔史跡地区で、同省の農業農村開発局は日本道徳会館の協力を得て、桜の木1000本を植える式典を行った。

これは、故ボ・グエン・ザップ将軍の恩に報いると同時に、ベトナムと日本との良好な関係の強化を目指すものである。

式典で挨拶に立った日本道徳会館の代表は「2014年はディエンビエンフー作戦の勝利60周年だ。ディエンビエン省での桜の栽培は世界の平和への信頼を示すことが狙いである」と強調した。
ソース:VOV
他の記事