12/03/2015 10:59 GMT+7 Email Print Like 0

愛情の祭り

トンメー祭りはフンイエン省、コアイチャウ郡、ヴァンザン郡における9つの村で行われる。北部デルタの人民たちはチュー・ドン・トゥー氏とティエン・ズン姫との愛情に関する伝説を賛美するために、同祭りを「愛情祭り」と呼ばれる。
愛情祭りを始めるために、チュー・ドン・トゥー(Chu Dong Tu)神行列儀式はフー・チャック(Phu Trach)村(ヴァン・ザン(Van Giang)郡、メー・ソー(Me So)町)からダー・ホア(Da Hoa)神殿まで、行われる。チュー・ドン・トゥー(Chu Dong Tu)神への参拝行列の儀式において、全長20メートルに及ぶ竜の踊りは演じられる。そのほか、女の人たちによるノン踊りも行われる。4㎞の道においては、8つの村はチュー・ドン・トゥー神行列儀式を実現する。このチュー・ドン・トゥー参拝式は非常に賑やかである。
チュー・ドン・トゥー参拝行列がダーホアー神殿に到着するとき、村の人民たちはチュー・ドン・トゥー神を祭るために、ホン川からダー・ホアー神殿へ水を運んでくる。
90歳のメーソー町のグエン・ティー・ハン老人によると、この地域における各村の人民たちは神を祀るために、ホン川から水を運ぶ風俗がある。それぞれの村の代表は1人の老人である。同風習はよい気候と豊作を祈る目的がある。
 
 

チュー・ドン・トゥー-ティエンズン祭りはホンデルタの人民たちの新年の特別な祭りの一つとして知られる。
学生たちはセンティエン踊りを演じる。
同祭りの賑やかな雰囲気。






トンメー地域における人民たちはチュー・ドン・トゥー神参拝儀式で、伝統的な踊りを演じる。
ダーホアー神殿におけるチュー・ドン・トゥー神参拝儀式。




ダーホアー神殿におけるチュー・ドン・トゥー神参拝儀式の模様。

トンメー祭りは数千年前における北部地域のベトナム人の生活を再現する。同祭りは愛情に関する伝説を賛美するばかりでなく、ベトナム文明の特徴を表現し、孝行心を賛美する。
 
伝えによると、貧しいチュー・ドン・トゥー青年はティエン・ズン姫君(フン王の娘)を愛した。チュー・ドン・トゥー氏は多くの人を治療した。それで、彼はベトナムの「不死の四神」の一つの神になった。ホン川の川岸、ドゥオン川の川岸の地域をはじめ、北部地域には、数百のチュー・ドン・トゥー神を祭る神殿がある。しかし、チュー・ドン・トゥー神を祀る主な神殿はダー・ホアー神殿(コアイ・チャウ郡、ビン・ビン町)である。
 

 
文:トン・ティエン
撮影:ヴィエット・クオン