19/07/2017 09:43 GMT+7 Email Print Like 0

対朝鮮で協力確認=岸田外相、国連総長と会談

岸田文雄外相は17日、ニューヨークの国連本部でグテレス国連事務総長と会談しました。

核・ミサイル開発を続ける朝鮮民主主義人民共和国への対応について岸田氏は「今は圧力の強化が重要」との認識を示した上で、理解と協力を要請しました。両氏は朝鮮民主主義人民共和国問題で協力を続けることを確認しました。
岸田氏は、朝鮮民主主義人民共和国の核・ミサイル開発について「新たな段階の脅威だ」と述べ、より厳しい措置を含む新たな安保理制裁決議の早期採択の必要性を強調。「中国の役割が鍵だ」とも指摘しました。
ソース:VOV
他の記事