14/05/2015 10:06 GMT+7 Email Print Like 0

宗教文化の持続可能な開発

13日午前ハノイで、ホーチミン国家政治学院は「ベトナムにおける宗教文化の持続可能な開発」をテーマにしたシンポジウムを開催しました。席上、ベトナムの宗教組織の代表、科学者、研究者らは、ベトナムにおける社会生活の発展に対する宗教文化の重要な役割について集中的に分析しました。これに基づき、ベトナムにおける宗教活動は急速に発展しており、各宗教組織は重要な役割を果たしてるとしています。ホーチミン国家政治学院・宗教信仰研究院のド・ラン・ヒエン副院長は次のように語っています。

(テープ)

「社会の発展を評価する時、科学技術に関する要素、中でも文化の役割については触れますが、宗教の役割が抜けていました。実際、党と国家は、宗教活動に有利な条件を作り出す法的枠組みを出しましたが、私たちは、社会問題の解決を目指して、社会共同体への宗教活動家の参加に便宜を図る必要があると思います。」
:VOV
他の記事