25/06/2016 16:26 GMT+7 Email Print Like 0

大阪で「ベトナムの裾野産業における経営チャンス」セミナー行なわれる

23日、大阪市で、「ベトナムの裾野産業における経営チャンス」をテーマとしたセミナーが行われ、大阪で事業活動を行っている企業120社の代表が参加しました。

セミナーで、在大阪ベトナム総領事館のチャン・ドゥク・ビン総領事は「ベトナムの地理的条件、人材、市場、投資環境の改善に対するベトナムの公約などを紹介した上で、ASEAN=東南アジア諸国連合共同体、及び、締結したTPP=環太平洋経済連携協定を通じて、ベトナムと日本との投資協力チャンスが日増しに増える」と明らかにしました。
セミナーで、中小機構国際化支援アドバイザーである 河原 光伯(かわはら みつのり)氏は「ベトナムと日本との協力の潜在力を高く評価すると共に、今は日本の中小企業が裾野産業を始め、ベトナムの投資、経営分野に投資するよい時期である」と明らかにしました。
ソース:VOV
他の記事