17/05/2015 15:20 GMT+7 Email Print Like 0

大衆運動におけるホーチミン主席の道徳を見習う

15日午前、ハノイで、ベトナム祖国戦線中央委員会とハノイ市祖国戦線委員会は「大衆運動におけるホーチミン主席の道徳を見習う」をテーマにした座談会を開催しました。席上、参加者らは「大衆運動方法は沢山ありますが、ホーチミン主席が教えてくれた方法だけは科学と芸術の基準を満たすものだ」と強調しました。科学教育問題評議会のチャン・ハウ博士は次のように語りました。 「指導方式を刷新する必要があります。その中に、ホーチミン主席から提示された2点を留意しなければなりません。それはまず、一般政策と具体的な現状を上手く結合させて、実現しなければならない事です。次は、民衆の意見に耳を傾けて上で、民衆を指導するということです。そうすれば、大衆運動は『大衆運動は一人欠けることなく、全ての人々を動員することである』というホーチミン主席の教えと同じように芸術を達成できます。」 席上、参加者らは「大衆運動が良好に実現すれば、党は常に強固になる。それぞれの党員、幹部は国民から信頼され、忠実でなければならない人である」と強調しました。 VOV
他の記事