09/09/2017 13:36 GMT+7 Email Print Like 0

外務省の定例記者会見

ベトナムは1982年の国連海洋法条約と国連憲章などを始め、国際法に則って、ベトナム東部海域における自らの領有権と正当な権利を守るため、全力を尽くします。

7日ハノイで行われた外務省の定例記者会見で、ベトナム外務省のレ・テイ・トゥ・ハン報道官は中国が先頃、ベトナム東部海域、いわゆる、南シナ海にあるホアンサ群島(パラセル諸島)で実弾射撃訓練を行ったことに関するベトナムの反対を改めて強調しました。

ハン報道官は「中国のこの行為はホアンサ群島に対するベトナムの領有権を深刻に侵犯し、ベトナム東部海域を始め、地域の平和、安定を脅かしている。ベトナムは中国に対し、ホアンサ群島に対するベトナムの領有権を尊重し、同じ行動を繰り返さないで、地域の平和、安定に悪影響を与えないよう求めます。ベトナムは1982年の国連海洋法条約と国連憲章などを始め、国際法に則って、ベトナム東部海域における自らの領有権と正当な権利を守るため、全力を尽くすと述べました。
ソース:VOV
他の記事