29/05/2015 10:20 GMT+7 Email Print Like 0

外務省の定例記者会見

28日、ハノイで行われた外務省の定例記者会見で、レー・ハイ・ビン外務省報道官は、中国が国防白書を発表し、その中で、ベトナム東部海域での岩礁の埋め立てに強固な姿勢を示していることに関し、次のように語りました。
「国連安全保障理事会常任理事国で、地域内で重要な役割を果たしている中国は他の国の主権、裁判権を尊重し、国際法を遵守し、地域と世界の平和、安定、安全保障の維持のために貢献する必要があると思います。」

また、ビン報道官はベトナムの幾つかの外交活動を紹介し、その中で、「今月31日から6月2日かけて、アメリカのアシュトン・カーター国防長官がベトナムのフン・クアン・タイン国防大臣の招きに応じて、ベトナム公式訪問を行う」と明らかにしました。
ソース:VOV
他の記事