03/10/2014 10:26 GMT+7 Email Print Like 0

外務省の定例記者会見

10月2日、レー・ハイ・ビン外務省報道官は、ホンコンの緊張情勢に関する記者団のインタビューに答え、その中で、「香港問題は中国の内政問題である。ベトナムは香港当局にホンコン在留ベトナム人安全を確保する措置を取るよう求める」と述べた。

ビン報道官は「ホンコンの緊張情勢に関する情報を受け、ベトナム外務省はホンコン駐在ベトナム総領事館に対し、ベトナム国民の安全を確保するため、あらゆる必要な措置をとるよう指示しました。そして、総領事館は様々な措置を取っています。」と述べた。

一方、中国がベトナムのチュオンサ群島に属するガクマ礁で建設工事を不法に行ったという情報について、ビン報道官は「ベトナムはチュオンサ群島に対する自国 の領有権を示す法的基礎、及び歴史的証拠を十分に持っています。この地域の現状を変更させようとする外国によるあらゆる一方的な行動はベトナムの領有権を深 刻に侵犯し、海上行動宣言に違反しており、ベトナム東部海域と地域内の状況を複雑化させることです。」と強調した。
ソース:VOV
他の記事