22/05/2015 09:39 GMT+7 Email Print Like 0

報道法案改正案に関するシンポジウム

21日、ハノイで、ベトナム情報通信省は、報道法改正案の作成に関するシンポジウムを行ない、報道管理機関や報道機関の代表が多数参加した。

シンポジウムで、報道法は2013年憲法の精神に従って、報道界に残された問題の解決を目指す方向で改正される必要があるとの意見が多くの参加者から出された。報道法の改正について、ベトナムの声放送局のヴ・ハイ副会長は「ベトナムの報道は世界と同じように、著しく発展しており、様々な種類が新しく誕生しています。これに対応する為、新しい報道法の制定、または、現行の報道法の改正が必要だと思います。これは、報道機関が共産党と国民から委託された任務を全うする為に便宜を図るものです。」と述べた。

シンポジウムで、民間組織と各放送局の連携による番組作成の問題も集中的に協議され、報道法改正案はその問題について具体的に規定する必要があることで意見が出された。
ソース:VOV
他の記事