22/06/2016 15:23 GMT+7 Email Print Like 0

国際参入とTPPとの公約の実施に向けて労働法律の完備

21日、中部ダナン市で国会・社会問題委員会、対外委員会は労働傷病軍人社会事業省、ベトナム労働総連盟、及びILO=国際労働機関ベトナム事務所と協力して、「国際参入とTPPとの公約の実施に向けて労働法律の完備」をテーマにしたシンポジウムを開催しました。

席上、出席者らはTPP=環太平洋経済連携協定に盛り込まれた労働と労働連盟に関する公約を実施するため、ベトナムは労働や労使関係に関する基準を充実し、市場経済の発展と世界経済への参入の要求に応える必要があるとの見解を示しました。

一方で、ベトナムは労働分野に関するTPPとベトナム法律システムとの合致やベトナムの各部門、分野、企業に対するTPPの影響、TPPへの加盟による試練とチャンスを評価した上で、具体的な解決策を打ち出し、企業界にTPPに関するコンサルタントを行なうなどする必要があるとしています。
ソース:VOV
他の記事