08/12/2016 10:01 GMT+7 Email Print Like 0

国連平和維持活動への参加の経験交換

7日午前、ハノイで、ベトナム国防省所属平和維持センターは在ベトナムフランス大使館の国防武官室と連携して、国連平和維持活動に参加する工兵部隊の展開に関する経験を交換しました。席上、ベトナム平和維持センターのホアン・キム・フンセンター長は「国連平和維持活動への参加は、ベトナムの党と国家の大きな主張であり、ベトナムの全方位外交政策の現実化に寄与する。国連平和維持活動に参加する工兵部隊の育成と訓練を積極的に行っている」と明らかにし、次のように強調しています。

「この際に、私たちはフランスから国連平和維持活動に参加すること、例えば、国連や各国の部隊との連携のやり方、あるいは、ある問題の解決スキルなどに関する経験を知りたいです。特に、工兵部隊に関するフランスの経験を学びたいです。ベトナムはフランスと共に、平和維持に関する技術的合意書に調印したばかりです。」
一方、在ベトナムフランス大使館のRe mi Lambert第一参事官は次のように明らかにしました。
(テープ)
「フランスは、ベトナム側の幹部士官のフランス語教育、または、ベトナムの士官への育成コースに参加する用意があります。ベトナムとフランスは緊密な協力関係を持ってることから、今後も、両国は民事保護の任務においてさらに効果的に協力してゆきたいです。今回の国連平和維持活動への工兵部隊の派遣に関する両国の経験交換は我々の協力活動の一つとなっています。」
なお、これまでに、ベトナムは南スーダンと中央アフリカ共和国に駐在する国連の平和維持部隊にのべ12人の士官を派遣しています。
ソース:VOV
他の記事