02/07/2016 16:48 GMT+7 Email Print Like 0

国連人権理事会、ベトナムが提出した決議案を採択

6月30日と7月1日の両日、ジュネーブで、国連人権理事会は34件の決議案を採択し、その中で、ベトナムや、フィリピン、バングラデシュが提出した児童の権利と気候変動対応に関する決議案が含まれています。

国連人権理事会、ヘトナムか提出した決議案を採択 hinh 0


この決議案は、3週間連続で、国連人権理事会で討論され、多くの国々から高評を得ています。各討論会で、ベトナムは、人間の生存権や、食料、住宅、医療、発展などに関する権利に対する気候変動の悪影響を強調してきました。

また、「ベトナムでは、毎年、自然災害は数千人の命を奪い、多大な人的物的被害を引き起こしている。気候変動はベトナムだけでなく、食糧を輸入している多くの国の食糧安全保障を威嚇している」と指摘しました。

なお、ベトナムや、フィリピン、バングラデシュのほか、およそ100カ国はこの決議の実施を支援することを公約しました。
ソース:VOV
他の記事