29/01/2016 09:01 GMT+7 Email Print Like 0

国外在留ベトナム人、テトを楽しむ

先ごろ、オランダのハーグ駐在ベトナム大使館は、旧正月テトを楽しむイベントを行いました。イベントには、オランダ在留のベトナム人及びオランダの友人合わせて600人が参加しました。イベント会場で、グエン・ヴァン・ドアン大使は、ベトナムの発展及びベトナムとオランダとの協力拡大に対するオランダ在留ベトナム人の大きな貢献を高く評価し、「これからも、お互いに団結して国の発展のためにさらに取り組んでほしい」と述べました。

一方、メキシコ駐在ベトナム大使館が行った同様のイベントでは、レー・リン・ラン大使は、近年ベトナムが収めた成果を紹介し、2015年、ベトナム経済成長率は6.7%に達し、この5年で最高となっていると強調しました。また、イベントで、ベトナムの風景や祭りなどをテーマとした写真100点が展示されました。
一方、26日、ドイツで、ドイツ駐在ベトナム大使館はベトナムのユース劇場と協力して、「愛情の春」と銘打った公演を催し、ドイツ在留ベトナム人とドイツの友人合わせて約1000人が楽しみました。
ソース:VOV
他の記事