24/06/2016 10:50 GMT+7 Email Print Like 0

国内企業、競争力の向上に向けて連携を強化

23日午前、ハノイでVCCI=ベトナム商工会議所と世界経済への参入指導委員会は国会・対外委員会と協力して、「新世代のFTAの締結・ベトナム企業の結合と参入」と題するフォーラムを開催しました。

席上、出席者らはベトナムは12件の二国間、及び多国間のFTA自由貿易協定を交渉、加盟したことはベトナムに参入と発展のための新たなチャンスを与える」との見解を示しました。ベトナム商工会議所のホアン・クアン・フオン副会頭は次のように語りました。

「グローバル化が進み、競争が激しくなっている背景の中でベトナム企業は企業の管理、運営に際し、国際基準を満たす必要があるとともに、持続的な発展を維持しなければなりません。これにより、ベトナムの企業と世界各国の企業との連携の強化、投資協力の拡大、生産経営に関する経験の交換が図られると思います。」
他方、世界経済への参入が進められている現在、国家による貿易振興の傍ら、企業各社は製品のピーアールや質的向上、現代的な設備の導入に力を入れる必要があるとしています。
ソース:VOV