23/07/2015 10:55 GMT+7 Email Print Like 0

国会事務局、国会での質疑応答等でシンポジウム開催

22日と23日の両日、中部港湾都市ダナンで、国会事務局はUSAID=アメリカ国際開発庁の協力を得て、「国会での質疑応答の質的向上を憲法施行と結び付ける」と題するシンポジウムを行いました。

席上、参加者らは、これまで行われてきた国会での質疑応答の結果や、弱点などを指摘し、その解決策を提案しました。また、2013年憲法の具体化に関する意見も出されました。

シンポジウムで、フイン・ゴック・ソン国会副議長は次のように語りました。

「質疑応答は新しいものではありませんが、刷新する必要があります。特に、憲法の施行や、国会組織法の施行が展開されている背景の中、これは重要な問題となっています。今回のシンポジウムで出された意見は国会での質疑応答の質的向上に寄与するものなります。」
:VOV