11/11/2016 11:20 GMT+7 Email Print Like 0

国会、電子ビザの試験的発給決議案を討議

9日午後、ハノイで開催中の第14期国会第2回会議で、公安省のト・ラム大臣はベトナムに入国する外国人への電子ビザの試験的発給に関する決議案を取り上げました。

決議に基づき、政府は、電子取引システムを通して、ベトナムに渡航を希望する外国人に対し電子ビザの発給を試験的に行うことになります。この電子ビザは、1回限りの30日間滞在ビザであると規定されています。2017年1月1日から2年間にわたって、電子ビザ発給を試験的に行った後に、政府は、国会にその実施状況を報告します。

「ベトナムに渡航する外国人への電子ビザ発給は国の経済社会発展の要求に応えるものであり、ベトナムの国際社会への広範な参入過程に奉仕すると期待されます。同時に、投資、貿易、観光などの目的でベトナムへの外国人の誘致を目指すものです。外交の面では、全ての国の国民を対象にして、電子ビザの発給はベトナムと各国との関係において、ベトナムの平等と互恵、及び一貫した政策を示すものです。電子ビザの発給を試験的に行うことで、経済面では、ベトナム政府は、ビザの一方的免除の中止を検討します。」
ソース:VOV
他の記事