09/08/2017 11:04 GMT+7 Email Print Like 0

国の建設事業における安全保障と国防を結合させる

8日午前、ハノイで、公安省は中央理論評議会と連携して、「第12回党大会決議に従って、国防安全保障と対外・経済文化社会発展を結合させる」をテーマにしたシンポジウムを共催しました。

シンポジムで発言に立ったトーラム公安大臣は次のように語りました。

「主権と安全保障の要求が日増しに増大している中で、重点経済地区の企画における国防安全保障との連携がさらに緊密になると同時に、僻地や国境地域に住む少数民族の物心両面生活の改善にさらに配慮する必要があります。安全保障、国防に関する深刻なミスが発生しないように、経済・文化・社会発展に関する大規模な企画、計画、プロジェクトの安全保障についてどのような影響があるのかと厳しく評価しなければなりません。」
ソース:VOV
他の記事