14/07/2017 10:09 GMT+7 Email Print Like 0

四季のレモンの実

病虫害が少なく、果肉が多く、十分な酸味のある四季のレモンはベトナムのフンエン省コアイチャウ県の多くの農民たちにVietGapのシステムの基準で栽培される。レモンはここの農業の経済を発展させることに貢献した。
2012年からレモンの栽培を最初に始めた人たちの一人であるフン・イエン省コアイチャウ県タンザン集落におけるグエン・フウ・ハ氏は知り合いを通じて紹介され、オーストラリアとアメリカからレモンの木を輸入し、グレープフルーツの木で栽培の試験を始めた。2012年、最初の資金は1500万ドンであった。2013年の年頭まで、1,8トンのレモンを収穫した。その総収入は3千万ドンである。

栽培を始めて15ヶ月間後の7月と8月、収穫の終えた他のレモンと違い、四季のレモンは3ヶ月から5ヶ月後の2月から6月まで連続的に収穫が出来る。
 

栽培をはじめた日から25日から30日後のレモン木

病虫害を防ぐため、農民たちは木の根っこに味噌を撒く


レモンの木は自動散水システムで撒かれる


手作業でも水を撒く

レモンの木の世話をする

フンエン省コアイチャウ県タンザン集落のハーさんのレモンの木の農園。


ハーさんのレモン農園のコーナー。

レモンの木の盆栽も栽培される

夏は、レモンの木に日差しを避ける為ネットをかける。


四季のレモンを栽培することは高齢の弱者の人たちに雇用を創出する。

一年、四季のレモンの木から100キロのレモンが収穫できる。四季のレモンもハノイのSOI BIENスーパー、リエンアイン株式会社で販売されている。

今、四季のレモンの木は家の庭でも栽培される。農民たちが民家の庭で四季のレモンの木の手入れをするサービスもある。

ハーさんはフンイエン省のヴァンザン県、アンティ県、キムドン県とハイズオン省、ハナム省、タイビン省、クアンニン省などで四季のレモンの木を栽培する方法を農民たちに教える。その農民たちも全国で四季のレモンが販売できるようにフークイ協同組合を設立する手続きをしている。


四季のレモンの木

オーストラリアの四季のレモンの一個

果肉が多く、十分な酸味のある四季のレモン


四季のレモンはハノイのSOI BIENスーパーのリエンアイン株式会社で販売される。
四季のレモンを栽培するモデルはコアイチャウ県における農民たちの生活の改善に貢献した。
文:ガン・ハ
撮影:コン・ダット