03/02/2016 12:09 GMT+7 Email Print Like 0

各企業、貧困者支援活動を促進

伝統的お正月テトを迎えるにあたり、各企業は、貧困下におかれている人々を支援する活動を強化しています。


2月1日、南部ベンチェ省で、建設会社「バクナム79社」は同省祖国戦線委員会に50億ドン(約2700万円)を手渡しました。この金額は、省内の貧困者向けのチャリティハウス建設にあてられます。

ベンチェ省祖国戦線委員会や、バクナム79社の指導部との会見で、グエン・ティ・キム・ガン国会副議長は同社の貧困者支援活動を高く評価した上で、ベンチェ省当局に対し、この義捐金を効果的に使用するよう要請しました。

これに対し、ベンチェ省の指導部は「テトの前に、今回の支援プログラムの対象者にチャリティハウスを引き渡す」と明らかにしました。
ソース:VOV
他の記事