08/06/2014 08:50 GMT+7 Email Print Like 0

南部重点経済地区の経済発展計画

5日、計画投資省は、南部重点経済地区の2020年までの経済社会発展総合計画と2030年までの方向、及び南部メコンデルタ地域の経済社会発展総合計画と2030年までの方向を公表しました。 これに基づき、ホーチミン市、ドンナイ省、バリアブンタウ省、ビンズオン省は域内各地の発展で繫がる重点地区であると位置づけられます。南部重点経済地区では、2015年以降の一人当たりのGDPは年平均3900~4000ドルに、そして、2020年以降は5000ドルにするという目標が掲げられています。 南部メコンデルタ地域は経済再構築を推進すると共に、経済成長と国家の食糧安全保障を結び付けるモデルを転換することになります。この地域における2015年以降の一人当たりのGDPは年平均2470ドルに、2020年以降は4400ドルに達すると予測されています。 ソース:VOV
他の記事