04/02/2017 10:50 GMT+7 Email Print Like 0

党創立87周年を記念する諸活動

2月3日のベトナム共産党創立87周年にあたり、全国各地では様々な記念活動が相次いで行なわれています。3日夜、ハノイで、党建設に関する第1回『黄色の鎌と槌』という報道賞の授与式が行われました。今回の報道賞には1200点の応募作品があり、その中で、47点が授賞されました。
一方、3日、南部カントー市で、同市党委員会は5千人あまりの党員による集い、及び入党30周年から70周年の党員およそ1千人へのバッチ授与式を行いました。式典で、カントー市党委員会のチャン・コック・チュン委員長は87年間にわたるベトナム共産党の輝かしい伝統と発展の道のりを振り返るとともに「2017年中、カントー市は経済、社会、文化の発展目標の達成、及び清廉で強靭な党と政治体制建設に向けて競争運動を加速させてゆく」と明らかにしました。カントー市技術大学の学生グェン・モン・ガンさんは若い世代を代表して、次のように語っています。
(テープ)
「この記念式典は、私たち青年にとって先祖代々の輝かしい伝統を振り返ると共に、今日のような幸せな生活を与えてくれた先祖代々の犠牲を実感できる良いチャンスとなっています。また、これは私たちに学習に励む原動力をつけるものともなります。」
他方、同日午前、北部港湾都市ハイフォンで、党創立87周年を記念する式典が行われました。この機に、ハイフォン市党委員会は2千人あまりの党員に党のバッチを授与しました。
ソース:VOV
他の記事