22/07/2015 09:57 GMT+7 Email Print Like 0

傷病軍人戦没者の日68周年記念活動

7月27日の傷病軍人戦没者の日68周年を記念して、20日午後、グェン・ティ・ゾアン国家副主席は北部フートゥ省の革命功労者と傷病軍人擁護施設を訪れた他、同省の英雄称号を持つ母親を見舞い、贈り物を渡しました。

この席で、ゾアン国家副主席はフートゥ省の関連各機関は革命功労者の生活支援に配慮する必要がある。これは「水を飲む人は井戸を掘った人の恩を忘れない」というベトナム人の美意識を示す他、国と故郷に対する若者の愛国心と責任感を教育することに寄与する」と強調しました。

21日、労働傷病軍人社会事業省のファム・ティ・ハイ・チュェン( Pham Thi Hai Chuyen) 大臣率いる代表団は北部ニンビン( Ninh Binh) 省ニョクァン( Nho Quan) 県の傷病軍人療養センターを訪れ、贈り物を手渡しました。この席で、チュェン大臣は「ベトナム共産党と政府は常に傷病軍人、革命功労者の生活に深い関心を寄せ、様々な優遇政策を取っている」と明らかにしました。

一方、この機に、ハノイ市人民委員会は同市の傷病軍人、戦没者の遺族およそ12万7千人に贈り物を手渡しました。

また、南部ビンフォック省人民委員会は同省のドンスアイ町にある革命功労者を見舞い、贈り物を渡しました。これらの活動は国の独立のため身を捧げるなど大きな貢献を果たした傷病軍人、英雄称号を持つ母親、革命功労者に対する感謝の気持ちを表すものです。
ソース:VOV
他の記事